銀工房こじまの歴史を語ります
by nbushige
カテゴリ
全体
末次派
沿革
初代 小島 信重
(有)小島製作所
小島 恵雲
鎚起
銀細工
二代目 信重
未分類
最新の記事
当工房のモノがたり について
at 2015-01-31 16:58
初代 信重の時代を求めて
at 2010-07-11 13:51
二代目 信重のこと
at 2010-05-26 21:30
小島製作所時代の思い出
at 2010-03-10 01:28
銀工房こじま 略史
at 2010-03-01 00:14
以前の記事
2015年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小島製作所時代の思い出

筆者から見て母方の祖父恵雲も初代に弟子入りして
若くして独立。
その後、起業し、(有)小島製作所を設立。

初代健在の時代は、進駐軍向けの銀製品が売れたという。
戦中は軍部からの依頼もあったり、当時の宮内省からも依頼があったという。
初代が亡くなってから、
好景気の中、銀製品は生産が追いつかないほどであった。

とくに、銀製ヨットは売れ、当時は意匠登録等もしませんし、
他の工房でも、ヨットや、宝船などを製作していますが、売れた時代でした。

ヨットも、特号、1から5号まで、一本柱、二本柱のヨット宝船、兜
国鳥雉子など、豊富なラインナップを持ち、ゴルフのコンペ賞品として、需要が合った。
純金製なども出た。
工房も最大で10人の職人が働いた時期もあった。
それでも、徹夜が続いたという。

現代住宅事情から、床の間の存在も少なくなり
置物の需要は減り、余裕の有るうちに小島製作所は休眠とあいなった。

当時の想いでの写真を掲載します。

a0170220_0582539.jpg


いろいろなパーツが入っていた箱。

a0170220_0585517.jpg


二階の倉庫

a0170220_0593222.jpg


注文を書き込んだ、黒板

a0170220_10317.jpg


ハンドプレス。

a0170220_103488.jpg


大きなバフが2台。動力の圧延機が一台あった。
現在この部分は駐車場に。

a0170220_105048.jpg


昔の商品、トビウオ。

初代亡き後、二代目は商売で成功していた、叔父恵雲の小島製作所に入社。
恵雲の息子3人兄弟とともに、ヨット、宝船、などの製作に従事。
その為、良く子供自分は遊びに入り、刃物があるので危ないとしかられていた。

当時の僕には、「毎日船のプラモデルを作って楽しい仕事してる」といって
職人さんを笑わせたらしい。

現在は、こうした美術工芸品から方向を少しかえ、
幅広い意味での銀細工として、身近なもの、記念品などの受注生産と
職人仕事、作家仕事と両立し、信重ブランドを確立すべく
精進させていただいております。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
免責:このブログはあくまで、個人的な見解です。
   また、専門家による見解ではなく
   あくまで昔話的なものです。
    無断での画像使用はお断りします。
[PR]
by nbushige | 2010-03-10 01:28 | (有)小島製作所
<< 二代目 信重のこと 銀工房こじま 略史 >>