銀工房こじまの歴史を語ります
by nbushige


初代 信重 の時代

a0170220_1054661.jpg

信重の打ち出しの兜のお飾り

司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』のサイトを見た。明治などの年表がでていた。

1886年 明治19年生まれの初代信重が生まれる。
この明治の時代を青春期過ごした事を思うと
司馬さんの描いた時代が重なります。

年代を表してみます。
1886 明治19年  初代 信重 誕生
1901 明治34年  初代 信重15歳
1906 明治39年  初代 信重20歳
1916 大正5年  初代 信重30歳
1936 昭和11年 初代 信重50歳
海外の万博に出かけたそうである。
しかし、1925の時か、1931の時か、1937の時か
解っていない。

1954年昭和29年に15歳で、二代目が弟子入りする。

そう書きますと、「え?」と思う方も居られると思います。
初代がかなり、昔のヒトだとなります。
「嘘かいたの?」と言われそうですが、そうではありません。
初代は僕から見て血縁上は、父方の曾祖父で、戸籍上は祖父になります。
 初代は一人娘だったので、孫であった父が養子縁で息子となった為。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
免責:このブログはあくまで、個人的な見解です。
   また、専門家による見解ではなく
   あくまで昔話的なものです。
   無断での画像使用はお断りします。
[PR]
by nbushige | 2010-02-11 10:15 | 初代 小島 信重
<< 末次派の系譜 初代 小島 信重 >>