銀工房こじまの歴史を語ります
by nbushige


カテゴリ:末次派( 1 )

末次派の系譜

末次派系譜

a0170220_10421926.jpg


鎚起の沿革
日本鍛金工芸会 昭和41年6月15日発行
編著者 藤本 長邦  名鑑編者 松本 外茂次に、
系譜が記されている。

a0170220_10423165.jpg


師:末次吉之助号正行 昭和5年5月没 73歳 
下谷茅町に住す、代々江戸城本丸に 出仕、
維新後腰元錺技術を習得後彫金技術をも研鑽し、
赤銅、四分一等金銀を駆使せる 置物、
床飾り及び神社仏閣の模型製作に
卓越なる技倆を示す。
代表作 五重塔 高さ五尺八寸 三井家蔵

門人に小島啓蔵号信重土浦の人、
銀製お神輿または鐘楼等を得意とした。

同門に香坂九仁雄(宗広)信州上伊那に生きる、
師の技術に精通し更に研鑽吾国古来の花車、御所車置物製作伝承者として
他の追随を許さず。
代表作 平等院鳳凰堂 置物 萩原家蔵

とある。

<出典:鎚起の沿革 日本鍛金工芸会 >

この資料は古いので、別の組合様編集の最新のモノには、
この資料以降の後継者の方々のお名が載っていると思います。
資料が古いための事ですので、ご了承くださいませ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
免責:このブログはあくまで、個人的な見解です。
   無断での画像使用はお断りします。
[PR]
by nbushige | 2010-02-11 10:55 | 末次派