銀工房こじまの歴史を語ります
by nbushige


初代 小島 信重

a0170220_22494177.jpg


初代 小島信重 は、明治19年12月18日 生まれ。
茨城県の笠間に生まれた。
昭和初期は、東京北区の滝野川に済み
晩年は、台東区仲根岸に住んだ。

小島信重の作品は、箱とともに残っておれば
信重と解るが、自らの名を自分から刻まず
『おれの作品は見るヒトが見ればわかるんだ』といっていたと
二代目から聴き及んでおります。

そのため、私どももすべてを把握はしておらず
かえって、後日、作品をお持ちの方から
『お宅の祖先?』とお尋ねにこられることもあり
驚きとともに、初代の作品を目にするという形になっております。
過去記事参照 ここをクリック

あるお客さまのお持ちのものは下記クリック
金銷金造 柄香炉 箱書きには法隆寺の柄香炉となっておりますが、正倉院の紫檀の柄香炉に酷似しており、現在調べ中。

今後も、もし、このブログをお読みの方で、
「これは?信重のものかな?」と
思う物がもし、お手元にあれば、ご連絡を下さい。

今回のお話はここまで。

筆者は、三代目見習いの小島信一(のぶかず)です。
このブログをまとめて参ります。宜しくお願い申し上げます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
免責:このブログはあくまで、個人的な見解です。
   また、専門家による見解ではなく
   あくまで昔話的なものです。
    無断での画像使用はお断りします。
[PR]
# by nbushige | 2010-02-03 23:16 | 初代 小島 信重